全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

やまゆりセンターとは

理事長挨拶
 公益社団法人 八王子市勤労者福祉サービスセンター(愛称:やまゆりセンター)は、市内の中小企業に勤務する勤労者と事業主並びに市民に対し、総合的な勤労者福祉事業を行うことにより、中小企業勤労者の福祉の向上及び中小企業の振興、地域社会の発展に寄与することを目的としています。昭和53年6月に「八王子市勤労者互助会」として発足し、様々な変せんを経て平成23年に現在の公益社団法人に移行してきました。今後もこの目的を達成するよう、そして会員の皆様に喜んでいただけるような事業を展開してまいります。

 私は、経営者は従業員とその家族を大切にしなければいけないと常に言い続けてまいりました。福利厚生の充実は、待遇の良い職場と魅力的に写り、社員満足度を向上させられ働き続けてもらえるほか、社員の元気回復と家族の楽しい想い出づくりができると考えています。
 理事会では安定した運営と更なるサービス拡大ができるようにするため、会員数目標を1万人として会員拡大に取り組んでいます。

 これからも、会員の皆様のための福利厚生事業をより充実・発展させられるよう、理事、監事、職員一丸となって努めてまいりますので、なお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。
平成31年4月1日
公益社団法人 八王子市勤労者福祉サービスセンター
理事長 黒須弘道